産業医についての情報

秋田県の産業医についての情報

秋田県の医師数と産業医有資格者数の割合とは?

健康的に働くというのは、ほとんど全ての労働者の願いと言えるでしょう。しかし、実際はどうなのでしょうか。現在は労働基準法も整えられて、昔より労働環境は改善されています。それでも、職場で不当な扱いを受けたり、それが元で体調を崩してしまう事もあります。
そこで近年脚光を浴びているのが、産業医と言う存在です。その企業の事をよく知り、第三者の視線から企業の健康を考えてくれる産業医は、働く人達の味方となります。通常の医師と違ってあまり表に出てくることはありませんが、その存在を軽視してはいけないのです。

秋田県の医師数と産業医有資格者数の割合とは?のイメージ

産業医と医師の違い

そもそも、産業医と通常の医師はどのような違いがあるのでしょうか。
まずは、通常の医師の場合です。医師の業務内容は治療や検査となっており、その対象は病人です。活動場所としては病院やクリニックとなっています。
一方、産業医は治療などは行わず、「その労働者が働けるのか否か」を判断します。それ以外には、その企業の労働環境や労働者の健康に関するアドバイスを行います。活動場所は企業内で、労働者が50名以上の事業所では月に1回必ず産業医の巡視が必要になります。また、産業医には事業者への勧告権があり、事業者はその勧告を最大限尊重しなければいけません。

秋田県で働く産業医の割合

それでは、実際に秋田県ではどれだけの人数の産業医が働いているのでしょうか。
2014年の調査によりますと、秋田県には2,355人の医師が在籍しており、そのうち認定産業医は802人。その割合は約34パーセントを占めており、全国平均である28パーセントを6パーセント上回っています。一見して人数そのものは少ないですが、秋田県の人口を考えますと決して少なくはありません。秋田県においては、他の都道府県と比較して産業医を見つけやすいかもしれません。

秋田県のうつ病患者数と、産業医の行うストレスチェックの重要性

脚光を浴びる産業医ですが、その中でも近年重要な業務となっているのがストレスチェックです。ストレスチェックは、労働者にとっては自分のストレスの状況を知るのに役立ちます。事業者にとっては、そのグループ(部署や課など)のストレスの状態を知ることで、その改善点が見えてきます。しかしまだ新しい制度だけに、事業者の方でも誤解している事が多いかも知れません。まずは、ストレスチェックに対する誤解を解消しましょう。

秋田県のうつ病患者数と、産業医の行うストレスチェックの重要性のイメージ

よくある誤解と正しい認識

Q:ストレスチェックは必ず受検しないといけないのか。
A:2015年12月1日より義務化された制度ですが、あくまで会社の義務であり、労働者の義務ではありません。全ての労働者が受検するのが望ましいですが、既に健康が損なわれている場合などは受検する必要はありません。

Q:ストレスチェックの結果は上司に見られるのか。
A:上司といえど、受検結果を同意無しに見ることはできません。同意しないことを理由に不当な扱いを行う事も禁止されています。

Q:高ストレス者と診断された場合、医師との面接を受けなければいけないのか。
A:高ストレス者には、医師から面接を進める通知が届きます。しかし、面接を受けるか否かは任意です。事業者も、医師との面接を強制する事はできません。

ストレスチェックでうつ病を防ぐ

中には、ストレスチェックを会社のアピールに使用したり、精神が弱っている労働者を追いやるために使おうと考えている事業者がいるかもしれません。しかしそれは間違った使い方で、企業内のストレスを軽減するために使用されるべきです。
企業内でストレスを感じている人も、うつ病の患者数も、年々増加しています。特にうつ病に関しては急増しており、一時的に落ち着いてはいますが、それでも100万人以上の人がうつ病患者として医療機関に通っています。産業医と共に、企業内の環境改善を図っていきましょう。

秋田県のうつ病患者数

厚生労働省ではうつ病の患者数を調査しています。2014年における調査では、秋田県におけるうつ病患者の患者数は約7,000人を記録しています。その六年前の調査と比較すると減少しており、人口当たりの人数は全国を下回っています。産業医の人数にも恵まれている秋田県では、さらなる改善が見込めるかもしれません。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ