産業医の基本情報

産業医の仕事や担っている役割というのは、選任してみなければわからないこともあるかと思います。
そのため、今後産業医の選任を考えている方や、産業医の情報について興味がある方へ、産業医に関する詳しい情報や一般医と産業医の違いなどをお伝えてしていきます。
まずはどのような業務を行ってくれるのか、順番に見ていきましょう。

産業医の役割とは

■健康面のリスクから社員を守る
産業医は職場環境の安全を管理してくれます。社員がメンタル的な不調を抱えたまま業務を続けていると、作業効率の低下や仕事のミスが多くなる可能性があります。そうなる前に、専門知識を持った産業医が定期的な受診を行うことにより、これらのリスクから社員を守ってくれるのです。そのため、企業側の観点から見ても、産業医の選任は必要性が高いと言えるでしょう。

■人事担当者をサポートする
人事担当者は、労働者たちの安全配慮を行う義務があります。しかし、身体的な不調と違って、精神的な不調は見逃してしまう確率が高くなります。そのため、人事担当者も正しい措置を行えるよう、作業現場の管理をしなければなりません。そんな時に産業医へ相談を持ち掛けることで、メンタル面の総合的なサポートを期待することができます。

■職場環境の問題を改善する
特に複数の事業所がある場合などは、労働者数も多くなるかと思います。労働者数が多ければ、その分、作業場の環境管理や改善は重要課題とも言えるのです。しかしながら、責任者、経営者は全ての就業場所で、詳細状況を把握できるわけではありません。
そこで外部顧問として専属の産業医を雇うことにより、安全衛生管理体制の実践者として、最前線で問題点を把握し、助言してくれるのです。

産業医の基本的な業務

産業医

1.労働衛生の基本方針策定
就業規則などの基本方針を策定し、衛生教育、指導を行います。

2.事業場の衛生状態把握
衛生管理者として、事業場を定期的に巡視、記録します。

3.労働衛生計画の実施
健康管理体制づくりを行い、問題がないか調査や診療を行います。

4.労働衛生活動の見直し
専門的な知識を元に、作業環境の状態を測定し、助言や指導を行います。

5.衛生関連の法令遵守
義務や法律などを遵守した上で、保険、衛生に関わる内容の助言や指導を行います。

産業医はこのような業務を行い、企業全体をサポートしてくれます。
しかし、これだけではまだ具体的な業務内容を把握しきれないかもしれません。
そのため、産業医が行う作業現場の一例をご紹介させて頂きます。

■職場の個別訪問事業
衛生や健康面など、作業場の安全確認を行います。仕事内容は、高脂血症、高血圧などの基礎疾患を抱えている方が無理な残業を行っていないかどうかの確認などがあります。
また、事例性や疾病性の症状が見られる場合は予防、対策を行います。

■安全衛生委員会への出席
労働安全衛生法に基づき、特定の業種では常時労働者が50人以上いる場合、安全衛生委員会を設置しなければなりません。
そこで産業医は、安全管理の代表者として、問題解決の助言をしてくれます。

■講習会、健康セミナーなどの開催
労働者が過労死するような状況を避けるため、講習会や健康セミナーなどを開催して、健康支援活動を行ったりします。興味のある方は、伺ってみると良いかもしれません。衛生環境改善の重要性について、専門的な意見を聞くことができるでしょう。

産業医はニッチなキャリアのイメージがありますが、とても多くのスポットで活躍しているのです。作業現場は企業のみならず、学校医として選任することもあります。
また、クリニックなどを開業している医師も、日常診療の傍らで、週1回~月に1回程度の訪問をして、業務を行っていることもあるのです。

一般医と産業医の違い

■産業医の専門は?
医者にはそれぞれ、内科や外科など、様々な部門があります。
また、小さく分ければ循環器内科や耳鼻科など、数が多すぎていまいちわからないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな中、産業医は何科にあたるのか。そもそも産業医とは、予防、危険因子の排除を専門として行うもので、「科」という分類はありません。内科の医師や外科の医師でも、必要条件を満たせば産業医として働くことができます。

■産業医の必要条件とは?
産業医になるためには、専門の資格を取得する必要があります。また、大学にも産業医を専門とする学科があるほどです。産業医はあらゆるリスクを想定した上で予防を行わなければいけないため、社会的な知識を重点項目とした上で、心のケアをするスキルが大切なのです。

■一般医と産業医の違いは?
産業医は、労働者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の質を根本から底上げさせるのが任務となります。そのため、一般医とは違い、あまり治療行為は行いません。一般的な医師であれば、治療技術や緊急対応などが求められることになりますが、産業医に求められているものは全く異なります。技術の進展に伴う、仕事環境の変化やセクシャルハラスメント、パワーハラスメントなどの社会問題にも対応することになります。企業側はこれらの問題を発生させないという理由で、衛生環境を変革するために業務を委託しているのです。

【まとめ】
このように、企業にとって産業医は、あらゆる状況で活躍をしてくれる頼もしい味方と言えるのです。企業の掲げている理念・思想にピッタリな産業医を見つけることができれば、利益を上げることも可能となるでしょう。理想的な産業医の方を見つけるためにも、探し方や法律、その他活用方法などについてもぜひ参考にしてみてください。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ