お知らせ

最新情報・レポート

産業医の役目

労働者は体が資本、とよく言われています。いくら優れた技術を持っていても、健康を損なってしまってはその能力を発揮してもらうことが難しくなり、雇用者も労働者も不幸なことになってしまいます。
そこで活躍するのが産業医です。産業医は職場の巡視や過重労働者への面談、安全衛生委員会への出席などを通じて、労働者の健康が損なわれて、労働者、雇用者双方が不利益を被らないように対策を行うことが出来る医師です。医療の知識を持ち、なおかつ産業医としての資格を持っているので職場環境に応じた対策などが期待できます。
また、近年増えているメンタルヘルス面の問題の解決のために、労働者へのサポートを行うことも産業医の業務に含まれています。身体には何の怪我も、目立った病気もないのに体調がすぐれないという精神面での問題は、中々職場内だけでは解決ができないものですが、そうした方々のサポートを行い、職場環境の改善、メンタル不調による休職から復帰する際のフォローを行い、同じような問題が起きないようにするアドバイスや面談も行います。
産業医はある程度の規模を持つ事業所では、必ず設置を行わなければいけないものですから、新たな事業所の立ち上げなどで、迷われることも多いでしょう。そんな時は、ぜひ当サイト、産業医紹介センターをご利用ください。
産業医紹介センターでは、皆様のご要望に応じて最適な産業医をご紹介することが可能です。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ