お知らせ

最新情報・レポート

ストレスチェックが企業にもたらすメリット

労働安全衛生法の改正にともない、2015年12月よりスタートした「ストレスチェック」。従業員のストレス度合いを測るもので、現状では従業員数50人以上の企業を対象としています。ただし、今後より幅広い企業が対象となる可能性もあります。
そもそもなぜこのような制度が生まれたのかと言えば、2006年の「長時間労働者面談制度」開始後も、メンタルに支障をきたした労災の件数、自殺者数ともに右肩上がりを続けているからです。そこで、労働の時間=量の面から労働者の健康を考える「長時間労働者面談」に加えて、労働環境のクオリティの面からも労働者の健康を考えるために「ストレスチェック」は始まりました。
では、従業員がストレスチェックを受けると企業にはどのようなメリットがあるのかをご説明します。まず、50人以上もの従業員を抱える経営者は、概ねの場合、従業員一人ひとりの心身の健康状態に気づくことが難しいと言えるでしょう。そして、経営者が気づかないうちにストレスが溜まった従業員が精神障害を患えば、現場の生産性が下がってしまいます。また、その従業員が労使紛争を起こすようなことがあれば弁護士費用の発生、裁判による企業イメージの下落などにつながることも考えられます。しかし、ストレスチェックで従業員のストレスに気づくことができれば、それらのトラブルを未然に防ぐことができるかもしれません。従業員にストレスチェックを受けさせることが、健全な経営にも役立つのです。
ストレスチェックは産業医など専門家の助けが必要になります。良い産業医と出会い、ストレスチェックを経営に役立ててください。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ