お知らせ

最新情報・レポート

産業医、その役割と選定するときのポイントとは

従業員数が50名を超えるなど、一定規模以上の事業所においては、産業医の選任が義務付けられています。事業主にはそこで働く労働者や従業員の健康を守る義務があるという考えに基づき、労働安全衛生法により定められているものです。では、具体的に産業医はどのような役割を担っているのでしょうか。働く人の健康管理をはじめ、メンタルヘルスについても詳しく、様々な相談にも乗ってくれるという印象がおありではないでしょうか。実はこれだけにとどまりません。労働安全衛生法によると、職場での安全や健康についての調査や、その対策について専門家としての立場から事業主に助言をすることも、大切な職務の一つです。また企業に対しても、同法には規定があり、医師の意見や助言を聞かなくてはならないことや、医師の意見を勘案し、その必要があれば適切な措置を企業として講じなくてはならない旨の記述があります。企業にとっても従業員にとっても必要な産業医、選定するときにはどのようなところがポイントになるのでしょうか。ここで重要になるのが、やはり親身になってくれる医師であるかどうか、です。信頼関係を築ける人材でないと従業員の健康管理は任せられませんので、企業のニーズに合った医師を見つけるためにも、地元や近所の医師だけでなく、複数の医師と面談してみることをおすすめします。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ