お知らせ

最新情報・レポート

中小企業も「産業医」を考えましょう

「現代はストレス社会」とよく言われるように、社会生活、特に仕事においては多くの方が少なからずストレスを感じていると考えられています。個人差があるものであるので、ストレスが小さいから大丈夫ということではなく、極力誰もがストレスを感じることのないような環境作りと、もしストレスが原因で身体に不調が発生しているようであれば、早急に改善に取り組むということが重要と言えるでしょう。そんなストレスの軽減の一端を担ってくれているのが「産業医」という立場の人々。文字通り、お医者さんであることには間違いありませんが、事業所などにおいて、労働者の安全や健康管理について専門的な立場からアドバイスをくれる存在です。例えば労働者の健康がすぐれなければ、適切な休養や治療を勧めたりするのは勿論ですが、不調の原因となっているのが現場のストレスや業務内容に問題があるようであれば、会社側に対しても改善を指摘していく、そういうどちらに対しても適切に接してくれるのが産業医の特徴です。大きな企業ではこの産業医が常駐しているところもありますが、小さな会社になるとその存在すら知ることなく働いている方も多くいます。小さな会社ほど厳しい労働環境になっているケースもあるため、常駐でなくとも産業医が関われるような社会システムになるのが望ましいと言えます。経営者の方は是非一度産業医の導入を検討してみては如何でしょうか。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ