お知らせ

最新情報・レポート

身体に受け、身体から表れるストレス

ここ数年「ストレス社会」という言葉がよく聞かれるようになりました。
ストレスというと近年では精神的な苦痛を取り上げられることが多いのですが、その陰で身体のストレスというものがよく見落とされます。
もちろん精神的な問題が身体に支障をきたす、いわゆる心身症というものも心配ですが、外部の刺激を身体が受けて、それが直接身体に支障をきたすものもあります。

特に女性であれば冷暖房の激しい場所での肌のストレス。パソコンを酷使する現場であれば、肩こりや腰痛、スマホ(パソコン)老眼なども問題になっています。これらはあまり大きな問題に思われていませんが、こうしたストレスが積み重なることで、手術を必要とするような重大な病気になってしまうこともあります。

本来人間は進化の過程で、陽の光を浴びながら思い切り身体を動かすように進化してきた生き物で、デスクワークのような仕事が増えだしたのはここ数十年の話です。
知らない間に私たちは進化に反して、自分達の身体に負荷をかけた生活をしているのです。それだけでも大きなストレスではないでしょうか?
社会的にもこうしたことが原因で身体を壊す人々が増えたために産業医が必要になったのです。
良い産業医を探し、もっともっと良い職場づくりを目指そう!そんな方は是非当サイトをご利用ください。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ