お知らせ

最新情報・レポート

産業医は従業員の健康問題について適切なアドバイスをくれます

人生の多くの時間を過ごす職場ですが、いつまでも健康に仕事をしたいものです。事業主の方は、自社の経常利益にばかり気を取られるのではなく、そこで働く従業員の健康に配慮をした方が、結果的に社員の生産性を向上させることにつながるかも知れません。従業員の数が50人以上の事業所では、産業医を置くことが義務付けられているのをご存知でしょうか。職場で働く人の健康管理を行う必要性は、労働安全衛生法に定められています。産業医は、従業員の健康相談にのってくれる他に、職場に健康や安全について問題になるようなことがないか意見を言ってくれる役割を持っています。例えば、血圧が高めの従業員がいた場合、配送用のトラックを長時間運転したり、炎天下のなか高い足場の上で作業をしたりすると、意識を失って倒れてしまう危険性があります。このような場合、産業医は従業員に医療機関の受診をすすめるだけではなく、会社に対しても作業スケジュールを調整して受診しやすい体制を整えることをアドバイスします。従業員の健康に問題があることで、その従業員の体調だけでなく、事故を起こすなど会社に重大な影響を与えることを抑制することが可能なのです。産業医をおくことで、従業員の生産性を高め、長期的な成長のために役立てることができます。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ