お知らせ

最新情報・レポート

ストレスの状態を知るために

今の世の中は「ストレス社会」とまで揶揄されることもあるほど、ストレスについての対策が急務となっています。ストレスはどこでも発生するものです。ご家庭でのストレスもあれば、学校でのストレスもあるでしょう。そしてもちろん、会社内でのストレスもあるのです。ストレスは労働者の精神状態を不安定にさせるだけでなく、時には病気を引き起こしたり、最悪の場合自殺に追い込まれてしまったりという事もあるのです。
厚生労働省では、「労働者健康状況調査」というものを行っています。その結果、職場でストレスを感じている人は平成9年で約63パーセントとピークを迎えました。それ以降は徐々に減少傾向にありましたが、近年は再び上昇傾向に転じているのです。また、「精神障害等による労災認定件数」も上昇傾向にあり、労働者のストレス、引いては精神面へのケアが叫ばれているのです。
そこで日本で始められたのが「ストレスチェック制度」です。これは労働者のストレスの状態を把握し、それに応じて医師の指導の下、改善を図る制度です。この制度は、平成27年12月より義務化されました。この制度において中心的な働きを担うのが、産業医です。産業医とは、主に労働者の健康管理を行う医者の事を言います。ストレスチェックはまだ始まって間もない制度のため、企業によっては十分に準備が進められていないこともあります。わからないことも多々あると思いますので、まずは信頼できる産業医の方をお探しになってみてはいかがでしょうか。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ