お知らせ

最新情報・レポート

自愛精神を持ちましょう

社会で働く従業員を手助けする「産業医」。今回は、産業医がどのような流れでお仕事をされているのか、少しご説明しましょう。
例えば、職場の従業員数が50名以上の場合、産業医は月一で職場を訪ね、従業員の労働基準と健康管理に問題ないかを確認し、必要であれば面談を行います。産業医が面談する相手は、主に長時間お仕事をされている方、体調が優れない方などになり、健康状態と勤務体制に問題がないかを確認します。人間、いくら働く気力があるとはいえ、限界があります。最悪、無理がたたって、緊急事態が起きることも考えられるでしょう。もし、産業医が「改善する必要がある」と判断した場合は、従業員に病院での診察と勤務時間の軽減を勧めた後、人事部に対してその旨を伝えます。
従業員の方の中には、周りの目を気にして、産業医へ相談することに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも、周りに気を配るより、まず自分自身の健康管理に気を配ることが一番大事。自愛精神を持てば、今後も前向きに生きることができるはずです。どうぞ、お早めに産業医へご相談しましょう。当サイトからでもご利用できます。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ