お知らせ

最新情報・レポート

ストレスチェックに多い誤解とは?

平成27年12月1日から、従業員数50名以上を擁する事業所ではストレスチェックの実施が義務となりました。ストレスチェックは「心理的な負担の程度を把握するための検査」と記されており、産業医の重要な業務の一つとなりました。ストレスチェックの詳細につきましては、労働安全衛生法第六十六条の十に明記されていますが、まだ施行されて間もない制度のため理解が進んでいないのも事実です。従業員だけでなく、事業主の方でもその内容を誤解されている方もいらっしゃるでしょう。例えば、どのような誤解が生じているのでしょうか。
一つ目は、調査結果の通知です。従業員の中には「自分の回答内容や調査結果が上司に見られてしまうのではないか」と不安を抱いている方がいらっしゃるかもしれません。しかし、回答内容を見ることができるのは産業医などの実施者のみです。また、その調査結果は直接本人に送られるため、回答者の同意が無ければ上司といえど勝手に見ることはできません。
二つ目は、ストレスチェック後の扱いについてです。調査結果によっては、実施者から「医師の面談が必要」という通知を受けることがあります。しかし、その通知を受けて面談を受けるか否かは自由です。そのどちらを選択したとしても、それを理由にして左遷や解雇などの不当な扱いをする事は禁止されています。
このように、従業員が安心してストレスチェックを受けられるようにいくつものルールが定められています。まだまだ認知度が低いかも知れませんが、今後は事業所の規模に関わらずストレスチェックが行われるかもしれません。労働環境の改善に有効ですので、正しくストレスチェックを知って実施するようにしましょう。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ