お知らせ

最新情報・レポート

複数事業所を受け持つ産業医

皆さんは産業医に二種類いるということをご存知ですか?産業医には「専属産業医」と「嘱託産業医」の2つの分類があります。この2つの違いは、企業に雇われているのか、アルバイト的に担当しているのかというところです。
前者の専属産業医は、企業ごとに雇用されて常駐している産業医で、大規模な事業所でよく見られる型式です。これはそういった事業所では産業医を必ず1名専属にするように定められていることが多いからです。
さて、今から見ていくのは後者の嘱託産業医です。名前の通り、企業から食卓という形で産業医として活動しているのが嘱託産業医なのですが、その正体は街のあちこちにある開業医の先生、ということが多いようです。普段は自分の病院などでの勤務を行い、休診日や空いた時間で嘱託を受けている企業に出向いて産業医としての活動を行なうのです。
自分の仕事に支障が出ない限り、原理的にはいくつでも企業を掛け持ちできるのが嘱託産業医の強みでもありますが、あまりに多く掛け持ちすると、自分の病院での経営もできない上、一つ一つの企業での活動も満足行かないものとなってしまいます。産業医を選ぶ方も、極端に多くの事業所を掛け持ちしている産業医の先生に依頼する場合は、きちんと活動可能かどうかを打ち合わせておくのがおすすめです。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ