お知らせ

最新情報・レポート

産業医が使えることは労働者に周知しましょう

産業医の役割は、事業所の労働者の健康管理や安全に仕事ができるようにするための職場巡回などがありますが、この他にも労働者は産業医との面談を行なうことが出来ます。
これにより、近年増えつつあるメンタルヘルス疾患を予防できるように、産業医が経営者側に働きかけたりすることが出来ます。
しかし、産業医を採用しているにも関わらず、こうしたことが全く行われないのでは、産業医が宝の持ち腐れになってしまいますので、経営者側は、産業医が居ること、産業医との面談が出来るということを労働者側にきちんと周知を行う必要があります。

労働者側には、産業医に話したことがそのまま経営者側に筒抜けになるのではないかと不安になることもあります。もし万が一、面談時の内容が直属の上司などに流れてしまい、会社内で不当な扱いを受けるようになったらと不安になることもあるかもしれませんから、そういう不安を無くして、気軽に産業医を活用できるようにするのも経営側に必要なことです。
基本的に、産業医と労働者が会話した内容は、労働者の同意なしに産業医が話すことは出来ないことになっていますので、その点を経営側だけでなく、利用する立場の労働者にもよく理解させておくことが重要です。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ