お知らせ

最新情報・レポート

産業医は敵か味方か

タイトルの通り、産業医は果たしてどちらなのでしょうかというのは、もはや言うまでもなく味方です。
産業医は雇われている会社の労働環境を改善して、労働者の健康を守り、ひいてはそれが会社の経営を健全化して業績向上に繋がるのです。
では、労働者から見た産業医は、どちらでしょうか?
もちろん、これも味方なのです。
労働者からすると、産業医は自分達の健康を守って、安全に働ける環境を整えてくれる味方なのですが、ここで一つ、労働者視点で考えてみると、産業医という存在が、なんとなく怖く見えてしまうこともあるのです。
つまり、産業医は、会社の経営陣とグルになり、自分達に不利な事をするのではないか、ということです。

しかし、そんなものはごく僅かなもので、大半の産業医は、きちんと決められた業務を法律に従い対応してくれています。
そもそも、経営陣に問題がなければそんなことにはならないのです。
産業医を新しく採用した会社では、産業医という存在にあまり労働者がなれていないこともあり、そういう感覚を覚えられてしまうかもしれませんが、会社としては、産業医をきちんと利用してもらえるように啓発することも必要です。ただ単に設置しておけばいいというものではないということを、心に置いておくと良いかもしれませんね。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ