お知らせ

最新情報・レポート

メンタルヘルスケアの強化

産業医は、職場の労働者の健康増進なども業務のうちの1つとされていますが、最近は、単なる肉体的な病気や怪我の予防ではなく、精神的なケアも重要視されているようです。
特に近年注目されているのが、うつ病への対策です。うつ病は肉体的な症状も出る事がありますが、特に精神面での症状が大きく、何をしても楽しめなかったり、気分がいつまでもふさぎ込んでいる、ものの見方が悲観的になったりするなど、生活や行動面に大きな影響を与えるのが特徴です。
その結果として、仕事の能率が下がったり、休職したり、最悪の場合は退職にまで発展することがあります。
企業としては、突然の退職や長期の休職は避けたいところですが、日々の業務で顔を合わせている上司や、同僚に対して、うつになりかけている方は中々本心から相談することも出来ず、症状を悪化させていくことがあります。
その結果として、最悪の事態になるまで働き続けてしまうこともあるようです。
そこで産業医が企業と労働者の間に入り、精神的につらい状況に陥っている労働者の心のケアを行なう必要があります。
また、必要であれば、早めに休職してもらって、メンタル面の回復をするようにと進めるのも産業医の役目の1つです。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ