お知らせ

最新情報・レポート

産業医の発祥

主に事業所の衛生、健康管理をするために存在する産業医ですが、産業医がなぜ誕生したのかをご存知でしょうか。
産業医の存在は、歴史的には比較的浅く、最近誕生したといっても過言ではありません。
1972年頃労働安全衛生法が制定された際に、専門的立場を明確にするために産業医が誕生したといわれております。
1990年代において、ストレスなどから疾患を患う労働者が増加したことを受けて、産業医としての資格を取得するための方法が改正され、より専門的な知識が求められるようになりました。
現在活躍している産業医は、労働者がストレスを溜めすぎないために労働環境をどう変化さていくのかをアドバイスでき、同時に労働者の健康診断や健康管理もこなしている、まさに事業所のための医者といえるのではないでしょうか。
産業医を配置することで、これまで労働者に見えなかった思わぬストレスや悩みが明らかになるかもしれませんので、労働環境の管理の強化、健康管理の強化を検討されている方は、当サイトにご相談ください。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ