専属産業医の「人材紹介」について

専属産業医の「人材紹介」について

専属産業医の「人材紹介」についてのイメージ

専属と嘱託のちがい

常時いる労働者が50~ 999名の場合、選任する産業医は非常勤の月1回~で嘱託可能です。
常時いる労働者が1,000名以上の場合、(事業場が有害業務の場合は、500名以上)企業内に常駐する産業医が必要です。
また、常時3,000 名を超える場合は、専属産業医を2名以上選任する必要があります。

専属産業医の契約方法

①契約社員として採用(雇用契約、1~5年契約)
②「顧問契約(1年契約・自動更新付)」
のどちらかとなります。
※企業が定める「就業規則」に「医師」の雇用条件がなじまないため、正社員雇用は極めて少ない状態です。

顧問契約について

②の顧問契約の場合、契約者は、「産業医個人」もしくは、「産業医が社長の株式会社」となります。
必要であれば「契約書の雛形」をご用意させていただきますので、弊社までお申し付けください。
貴社の法務部担当者様とお打ち合わせをしながら、契約内容を決定していきます。

勤務日数と報酬

勤務日数と報酬のイメージ

週に何日?

産業医の勤務日数は、法令によって決まっている訳ではございません。
しかし、「主たる勤務先であること」として定められておりますので、社会保険加入対象となる、 週3.5 日~週4 日勤務をおすすめしています。
研究日の確保ができるため、産業医にとっても「法令で定められた産業医としての職務を怠ることなく充分に行える日数」としても適正な日数といえます。

報酬の相場は?

一般的に、週1 日勤務とした場合は年俸で300~400万円が相場となります。専属産業医の委嘱料は民間病院の勤務医とほぼ同水準となっています。
実際の報酬は、勤務時間などの条件を企業様からお伺いした上で、募集条件に組み込みますので、相場の水準よりも低めの金額で募集をかけることも可能です。

料金設定のポイント

勤務日数 年間費用
週3.5日 1,050万円~1,400万円
週4日 1,200万円~1,600万円
週5日 1,500万円~2,000万円
  • 立地
  • 医師の経験年数
  • 勤務日数に研究日を含めるか否か
  • 勤務時間
選任手数料について

産業医の採用が決定した段階で、紹介手数料が発生いたします。
手数料は産業医の初年度の年収額の30%(東京都23区の場合25%)になります。
<例>初年度年収が1,200万円の場合、手数料360万円

契約の流れ

ご相談

ご相談のイメージ

お電話もしくはご相談フォームよりご相談ください。翌営業日までにご連絡いたします。

お見積もりの提出

お見積もりの提出のイメージ

求人票の内容に沿ってお見積もりとご契約書(案)をお渡しいたしますのでご検討ください。

産業医の募集

産業医の募集のイメージ

ご依頼いただいた段階で産業医の募集を開始します。書類選考・面接までお任せください。

産業医との契約

産業医との契約のイメージ

細かな条件面などの調整や交渉は弊社にて行ないますのでご安心下さい。

ご契約締結

ご契約締結のイメージ

ご契約締結まで、半年から1年かかる場合がございますので、早めにご相談ください。

産業医募集のご依頼時期

業務を開始したいタイミングのできれば、「半月~1ヶ月」前までに、産業医募集のご依頼を頂けますと、余裕を持っていい先生をご紹介できます。
また、「1週間後からスタートしたい」もしくは「6ヶ月後からスタートしたい」など、貴社のご事情に合わせて、対応することも可能です。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ