産業医についての情報

山形県の産業医についての情報

山形県の医師数と産業医有資格者数の割合とは?

近年は、企業も産業医の存在を無視できないようになりました。それは「法律で定められているから」といった理由だけでなく、「社員が健康的に働けるようにするため」「無用なトラブルを引き起こさないため」といった理由も挙げられます。人や企業が安心して働くためには産業医が必要ですので、産業医選任の要件を満たしている企業はよく調べるようにしてください。

山形県の医師数と産業医有資格者数の割合とは?のイメージ

産業医とは?

そもそも産業医とはどのような存在なのでしょうか。その定義について、「労働安全衛生規則第十四条二項」は以下のようにまとめています。

一  法第十三条第一項 に規定する労働者の健康管理等(以下「労働者の健康管理等」という。)を行うのに必要な医学に関する知識についての研修であつて厚生労働大臣の指定する者(法人に限る。)が行うものを修了した者
二  産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であつて厚生労働大臣が指定するものにおいて当該課程を修めて卒業した者であつて、その大学が行う実習を履修したもの
三  労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの
四  学校教育法 による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師(常時勤務する者に限る。)の職にあり、又はあつた者
五  前各号に掲げる者のほか、厚生労働大臣が定める者

山形県における産業医の割合

それでは、実際に山形県には何人の産業医がいるのでしょうか。これについて、日本医師会は定期的に調査を行っています。
2014年における、山形県で産業医としての知識と技術をもつ医師の人数は851人でした。医師全体では約2,600人でしたので、その割合は約33パーセントになります。全国平均の28パーセントと比較すると、5パーセント高いという事になります。

産業医の現状

現在、全国の産業医の人数は約9万人となっており、全ての医師の3割弱が産業医の資格を持っています。そのほとんどは嘱託という形で働いており、普段は勤務医や開業医として働き、週に1回など定期的に企業に赴いて産業医として働くのです。ちなみに山形県では、産業医の選任が必要な企業は1,000を超えています。そのため、一人の医師が複数社の産業医として働く事も珍しくありません。

山形県のうつ病患者数と、産業医の行うストレスチェックの重要性

産業医の働き方は、通常の医師とは大きく異なります。通常の医師が怪我や病気の治療を行うのに対し、産業医が行うのは労働者との面談や労働環境へのアドバイスといった内容です。その中でも重要視されているのが、労働者の心のケアです。心と言うものは目に見えないため状態を把握する事が難しいですが、それを把握するのが産業医の仕事でもあります。

山形県のうつ病患者数と、産業医の行うストレスチェックの重要性のイメージ

心の病気『うつ病』

うつ病は、精神疾患の中でも最も代表的なものです。他には認知症や統合失調症などがありますが、最も大きい割合を占めるのはうつ病なのです。日本においては、15人に1人がうつ病を経験し、100万人以上が医療機関に通院しているといわれています。しかし中には通院していない患者も多いとされており、潜在的な人数を含めると300万人を超えるとも言われています。

山形県におけるうつ病患者数

それでは、山形県ではどうでしょうか。厚生労働省の調査によりますと、山形県のうつ病患者の人数はちょうど1万人と言われています。人口当たりの人数も全国平均とほぼ同じ数値で、特別多いとも少ないともいえません。今後の努力次第では、どちらに傾くのかはわからないのです。

ストレスチェックによるうつ病対策

前述のように、産業医は労働者の心のケアも担っています。そのために制定された制度が、ストレスチェックです。これは労働者に質問票を埋めてもらうことで、労働者個人や団体のストレスを調査する制度です。労働者は自分のストレスの状態を正しく知り、その対策を考える事ができます。企業にとっては、労働者達のストレスを知ることで現場の環境を改善する事ができます。ストレスチェックのリーダーは産業医ですので、実施する際は産業医の言葉を守って正しく進めていきましょう。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ