産業医についての情報

岐阜県の産業医についての情報

岐阜県の医師数と産業医有資格者数の割合とは?

岐阜県の人口総数は、全国と比較すると、およそ中間地点辺りに位置する人数となります。その中で、医師の総数は一体どれだけの数となるのでしょうか。また、産業医有資格者数についても、選任を考慮している会社にとっては、重要になる情報かと思います。ここでは、産業医の選任を考えている方へ向けて、有益な情報をご紹介していこうと思います。産業医の選任でお悩みになっている方は、ぜひご参考ください。

岐阜県の医師数と産業医有資格者数の割合とは?のイメージ

岐阜県の医師と産業医の総数

まずは医師の総数から見ていこうと思います。2014年による厚生労働省の調査では、岐阜県の医師数は4262人という結果が報告されました。こちらは人口数も考慮すると、多くもなく、少なくもない。といったところでしょうか。そして次に、産業医の総数です。4262人のうち、産業医の有資格者は1315人。この数字を見ると、一気に少なくなったことがおわかりになるかと思います。実は、岐阜県で産業医の資格を持っている方を数えると、こんなにも少なくなってしまうのです。そのため、産業医の選任を決意したとしても、「なかなか産業医が見つからない・・・。」という状況に陥ってしまう可能性があります。

そもそも産業医は必要なの?

産業医の選任を考えていない方も、もしかしたら考えなければいけない可能性があります。なぜなら、日本には産業医に関する法令があるからです。労働安全衛生規則(第13条)により、労働者数が50人を超える場合は、最低でも1名以上の産業医が必要とされています。また、危険物を取り扱う仕事や、深夜業を含む仕事の場合など、状況によってはそれぞれ注意点が異なります。そのため、法令の内容に該当している会社は、必ず産業医を雇う義務があるのです。違反していた場合、懲役・又は罰金に課せられる可能性もあります。第何条の条例に、どのような違反行為をし、どんなトラブルを発生させてしまったかによっても罰則内容は変わりますが、50万円以下の罰金から10年以下の懲役、または300万円以下の罰金が発生する恐れもあるのです。

岐阜県のうつ病患者数と、産業医の行うストレスチェックの重要性

産業医がうつ病を予防するための対策になるということは、皆さんもご存知かと思います。しかし、中には「うつ病患者数はそんなにいないのでは?」と思われている方々もいらっしゃるかもしれません。確かに、法令に該当していない状況下で、職場環境が良ければ産業医の必要性はないかもしれません。そのため、ここからは岐阜県でどれだけうつ病を患っている方がいるのかについてご紹介したいと思います。対策方法もあわせてご覧ください。

岐阜県のうつ病患者数と、産業医の行うストレスチェックの重要性のイメージ

岐阜県のうつ病患者数は?

厚生労働省による調査では、岐阜県にはおよそどれ程のうつ病患者がいるのでしょうか。2014年の調査を参照すると、2万7000人ほどでした。この人数を多いと思うかどうかは、人によっても意見は分かれるかもしれません。しかし、1つ言えることは、決して少なくはない人数である、ということです。そのため、ご自身の近場で、実はうつ病を患っているという方がいても、不思議ではありません。更に、うつ病患者数はどんどん増加している傾向があります。このまま放っておけば、来年、再来年にはもっと増えている可能性が高いのです。会社としても労働者がうつ病を患ってしまえば、メリットになるような事は1つもありません。そこで労働者に対して業績を上げてもらうためにも、産業医の行う「ストレスチェック」などが重要になるのです。

ストレスチェック制度のメリット

ストレスチェック制度とは、1年以内ごとに1回、従業員の身体、及び心の健康状態をチェックすることです。労働者数が50人を超える場合はこちらの制度が義務付けられるようになりました。(2014年6月25日に公布された労働安全衛生法)そしてこの法令は、会社としてもメリットが多いという認識をすることができます。「将来的にも利益を出したい」と望まれている方や、「強制ではなく、持てる力の全てを引き出した上で、業績を上げて欲しい。」と考えている方々にとっては、非常に重要とも言える対策です。人は心の病から身体にも影響を及ぼしてしまうことがあります。しかし、労働者自らが活き活きとした状態で管理を続けることができれば、近い将来にでもご自身が掲げる理想に近づくことができるかもしれません。そのため、産業医の選任や、産業医の行うストレスチェックについては、会社側にとっても前向きな考えができるのではないでしょうか。