お知らせ

最新情報・レポート

産業医の探し方を解説|仕事内容・勤務形態まですべてわかる!

産業医の探し方を解説|仕事内容・勤務形態まですべてわかる!

自分の会社に産業医を雇いたいという場合、どうやって探したらよいのかわからないという方もいらっしゃることと思います。実際、産業医の探し方はさまざまな方法があります。ですが、数ある探し方それぞれにメリット・デメリットはあるので、会社に見合う産業医の探し方を知ることが大切です。

そこでこの記事では、産業医の探し方がわからず困っている方へ向けてわかりやすくご紹介していきます。ぜひ、この記事を参考にして産業医を探してみてください。

産業医の役割と仕事内容

「産業医を会社に雇いたいが、どんなことをしてくれるのか、仕事内容についてよく知らないな……」そんな方もいらっしゃることでしょう。まずは、産業医がどのような役割をしているのかを知ることが大切です。この章では、産業医の仕事や、どのタイミングで産業医が必要になるのかについて解説していきます。

産業医とは

産業医は、会社に勤める人たちが快適な環境で働くために指導や声かけをする役目を果たしています。従業員の健康管理ができるように専門の資格をもった医師が産業医なのです。

たとえば、休職していた従業員が復帰できる状態であるか判断をしたり、持病を患っている従業員がいた場合に、その病気が業務に支障をきたすかの判断をおこなったりするのが産業医の役目となります。

産業医が必要になるのはいつから?

産業医が必要になるのは、その事業所(仕事場)の従業員が50人以上になったときです。従業員が50人以上3,000人以下の場合には1人の産業医が必要で、従業員が3,000人を超える場合には2人以上の産業医が必要になります。

どんな仕事をするの?

それでは、産業医とは具体的にどのような仕事をするのでしょうか?この項目では、産業医の仕事内容をご紹介していきます。

  • ・会社内の衛生委員会へ出席する
  • ・社員向けの衛生講話を実施する
  • ・職場環境の確認をする
  • ・健康診断結果のチェックと助言をする
  • ・ストレスチェックを実施する
  • ・休職面談をする
  • ・復職面談をする

以上のようなことが主な仕事内容です。会社の環境を整え、従業員のメンタルヘルスの対策をするのが基本的な仕事内容といったところでしょう。

病院の医者との違いは?

この項目では、病院に勤務している医者と産業医の違いについてご紹介していきます。

・勤務する場所が会社内であること

産業医は会社に勤務します。総合病院などに勤務しているわけではありません。会社に勤務して、いつでも従業員の健康管理などをすることができるのです。

・対象者が社員すべてであること

産業医が診察するのは、会社にいる社員全員です。たとえ各県に複数の事務所がある会社であっても、産業医はそのすべての事務所にいる社員を診察します。

・治療はおこなわないこと

産業医は病院に勤務する医者とは違い、対象者の病気やケガの治療などをすることはできません。ですがその代わり、対象者と面談などをおこない、必要であれば医療機関の紹介をおこなうことが可能です。

・事業主へ勧告する権限があること

職場の環境を確認した際に、改善が必要と判断した場合に事業主へ勧告する権限があります。

産業医の探し方はさまざま

産業医の探し方はさまざま

「自分の会社に見合った産業医を探し出したいけど、どうやって探したらよいのだろう?」そんな方のお悩みを解決するために、この章では産業医の探し方を4つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【探し方1】医師会から紹介してもらう

産業医を探しているという場合、医師会から紹介してもらうという方法があります。依頼者が勤務する会社の地域にいる産業医を紹介してもらうことができます。「地方など産業医が見つからないのでは……」と不安に思われていた方でも紹介してもらうことができるのです。

医師会から産業医を紹介してもらうと、産業医とその依頼者の勤める会社が直接契約をするというケースが多いために、ほかの産業医に変えたいといった場合また最初から探し始める必要があります。ですので、非常に手間がかかってしまうといえます。

【探し方2】地域産業保健センターから紹介してもらう

産業医の探し方には、地域産業保健センターから紹介してもらうという手段もあります。地域産業保健センターを利用して産業医を紹介してもらうと、無料で産業保健サービスを受けることができ、なおかつ自社で産業医の選任をおこなっていないという場合にも産業保健サービスを受けることが可能です。

産業保健サービスとは、健康診断をおこなってもらうことができたり、ストレスチェックや復帰支援などをどのように進めたらよいか困ったときに相談に乗ってくれたりするサービスのことをさします。

ですが、こちらの地域産業保健センターは、対象の会社に勤める従業員の人数が50人以下であることが条件になります。そして、地域産業保健センターを利用することができる回数などに規制があるというケースもあります。また、その会社の産業医が毎回同じになるとは限らないという特徴もあります。

【探し方3】健康診断を依頼している機関から紹介してもらう

健康診断を依頼している機関から産業医を紹介してもらうという場合には、健康診断の実施もすることが可能になります。また、産業医を選ぶことによって、健康診断を一緒にすることができるので、費用面でも安く済ますことができるメリットがあります。

ですが、会社の従業員がとても多い場合、人数が少ない産業医だけで健康診断をすると時間がかかり非効率になってしまいます。産業医に健康診断まで任せるのであれば、社員の人数が少ないときにしましょう。

【探し方4】産業医の紹介会社から紹介してもらう

産業医を探しているときに、紹介会社から紹介してもらうことによって、依頼者が勤務する会社の要望に沿った産業医を選出してもらえます。

ですが、ひとくちに産業医の紹介会社といっても複数の業者(会社)が存在しているため、その業者選びに戸惑ってしまう場合があります。また、産業医と対象の会社が直接契約するわけではないので、紹介に費用がかかったり、サービスを受けるのに費用がかかってしまったりと出費が多くなってしまうという特徴があります。

業者から産業医を紹介してもらうのであれば、複数社から契約の見積りをとり、たくさんの人材をみて、なるべく社風に添ったカウンセリングができる産業医を紹介してもらいましょう。

産業医の勤務形態は「嘱託」と「専属」がある

契約をするにあたって、産業医にはどんな勤務形態があるのでしょうか。この章では、「嘱託産業医」と「専属産業医」にわけてご紹介していきます。

「嘱託産業医」とは

「嘱託産業医」とは、普段病院に勤務している医者が、月に1回以上会社に数時間訪問するといった形態になります。訪問する会社は1社とは限らず、複数の会社を兼任することも可能です。そして、その会社に勤める従業員が50人~999人以下の場合に嘱託産業医を選択することができます。

「専属産業医」とは

「専属産業医」とは、会社に専属で勤務する産業医のことを指します。会社に勤める従業員の人数が1,000人を超える場合には、こちらの専属産業医が1人以上必要になります。そして、会社に勤める従業員の人数が3,000人を超える場合には、専属産業医が2人以上必要になります。

産業医を選任したらおこなうこと

産業医を選任したらおこなうこと

この章では、産業医を選任したらおこなうことをご紹介します。書類に必要な情報をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

「産業医専任報告書」の届出が必要

依頼者の勤める会社の求める要望に応えることのできる産業医を選任することができたら、「産業医専任報告書」という書類を届け出なくてはなりません。これから、この書類に必要な事項をご紹介していきますので、早速みていきましょう。

  • ・事業所が労働保険に加入したときに労働基準監督署にもらえる労働保険番号
  • ・事業所の名前
  • ・事業所の郵便番号、住所、電話番号
  • ・事業がどんな種類であるか
  • ・事業所に勤務する人数
  • ・非常に重いものを取り扱ったり、深夜に業務をしたりするなど、その事業内で特殊な業務をする人数
  • ・選任した産業医の名前や生年月日、またその事業所に選任した年月日などの個人情報
  • ・医籍番号(医籍番号とは、医師免許証に記載されている番号になります。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。産業医の探し方がわからないという方でもこの記事を読むことによって、解決できたのではないでしょうか。会社の要望に応えることのできる産業医を選任することができれば、従業員の方がよりよい環境で働くことができ、精神面でのケアもしていくことができるのです。

医師会に紹介してもらう方法、地域産業保健センターに紹介してもらう方法、健康診断を依頼している機関から紹介してもらう方法、また産業医を紹介している会社に紹介してもらう方法など。この記事では、産業医の探し方を4つご紹介していきました。

もし、自分の会社に見合う産業医が選択できないという場合や、不明な点があり困っているという場合には、複数の方法を試してみることによって悩みを解決することが可能になるかもしれません。

0120-949-168 0120-764-170
受付時間
平日 9:30~18:00