お知らせ

最新情報・レポート

現代の企業に求められる産業医の役割とは

企業の中で働く人達が、健康に仕事をすることができるように、専門的な立場から助言をしてくれるのが、産業医です。昔は工場などで働く人達の健康を守る色合いが強かったと言われておりますが、現代では社員のメンタルヘルス分野の業務が増えていると言われております。労働安全衛生法という法律で、産業医を企業に配置することが決められているのです。ですが、医師免許を持っている人なら誰でも産業医になれるというわけではありません。労働衛生コンサルタントという試験に合格しているか、もしくは日本医師会によって認定された研修を修了していないと、産業医になることはできないのです。意外に思われるかもしれませんが、産業医は一般的に治療を行いません。産業医は、職場環境の健康への影響を考えたり、あるいは患者が会社に与える影響を考えて、助言や指導を行うことを主な仕事にしているのです。さらに産業医の仕事を行うには、医学の知識だけではなく、広い知識が必要です。パソコンなどIT技術が職場に与える変化や、パワーハラスメントなどの職場の人間関係が社員の健康に及ぼす影響など、一般的な臨床の現場では必要とされないテーマについても勉強し続ける必要があるのです。社員の健康問題を改善しパフォーマンスを最大化するためにも、産業医の紹介サイトを利用して、自社にぴったりの産業医を見つけてみてはいかがでしょうか。