お知らせ

最新情報・レポート

良い産業医と出会うために

産業医に必要とされているスキルは実に幅広く、医学的な知識だけでなく、カウンセリング技術や労務管理、組織活性についても明るいことが求められています。しかし、実際のところ、全てをバランスよく兼ね備えた産業医を探そうとしてもなかなか見つからないものです。産業医を探すときには、自社の様々な課題を考慮したうえで優先順位を決めて判断することが大切です。では、良い産業医というのは、どのような人なのでしょうか。まず、現場によく顔を出し、コミュニケーションを取ることができる人、明るく話しやすい人が望ましいでしょう。さらに、継続的に従業員の状態をチェックし、様々な問題について具体的に解決策を提供してくれるのも大切なポイントとなるでしょう。また、産業医を選任するにあたって、自社の現状についても把握しておきましょう。社員のメンタルヘルスやコンディションについて適切に管理したいなど、目的がはっきりしていれば、より選任もしやすくなるのではないでしょうか。産業医を選任するときには、必ず面談をして、できるだけその人について詳しく知ることが大切です。面談の際に話しやすいという印象が強い人は、従業員にとってもコミュニケーションが取りやすい人だといえるのではないでしょうか。