お知らせ

最新情報・レポート

苦しい時は産業医に相談しましょう

効率良く仕事を続けるためには自身の体調管理と日々の努力が必要ですが、メンタル面にも気をつかわなければいけません。ストレス社会と言われる日本には多くのストレスの原因となることが存在します。そんな社会人のサポートをすることができるのが、産業医です。産業医とは医学の知識で労働者の健康管理をおこなうことができる医師のことで、企業で働く労働者が快適に働けるように助言してくれます。昔の時代ですと、劣悪な環境の職場で働く労働者を守る役割もありましたが、近年はメンタル面のサポートをおこなう業務が増加しています。産業医は誰でもなれるというわけではなく、産業医の試験に合格するか、あるいは日本医師会が認定した研修を受けて、産業医の資格を取得した方でないと産業医になることができません。また、職場内のトラブルによって悩む労働者のサポートも重要な仕事となるので、医学の知識のみで成立する職業ではありません。この様に産業医には、多種多様な悩み事に対応できるだけの知識が必要になりますので、苦しい時は産業医に相談して快適に仕事ができるようにしましょう。産業医が必要な際は、産業医を紹介してくれる業者に一度相談してみて下さい。