お知らせ

最新情報・レポート

産業医は主治医とは違う職業です

社会生活を覗くと、色んなストレスを抱えている方を多く見かけますが、ストレスはご自身の命を失う結果にもなりかねないので、早めに産業医へ相談されるのがお勧めです。
ところで、産業医とは別に主治医という職業がありますが、産業医と主治医の違いはお分かりでしょうか?どちらも同じのように思いますが、実は、両者とも業務内容は全く違うのです。中には、主治医を産業医と誤解して相談される方もいないとは限らないので、今回は両者の違いについてご説明しましょう。
まず、産業医は主治医と違って相談された本人の体を診断するわけではありません。主治医の場合、病気を患う人を対象に診断・検査などを行っていますが、産業医は、労働環境の改善に向けた指導などを業務としているのです。もちろん、本人の相談内容と病気に関連があるか判断したり、場合によっては医療機関を紹介したりすることはありますが、あくまで、企業に勤める方々を対象としています。
ただ、産業医は主治医と違って勧告権を持っているので、本人のストレスが軽減するよう企業に意見書を提示してもらうことができます。その意見書に対し企業が配慮をしてくれれば、本人は休職を取ることができるのです。
今後、産業医はますます必要になってくると思うので、本記事をキッカケに主治医との違いを知っていただけたら幸いです。