お知らせ

最新情報・レポート

誰にでも産業医にご相談する可能性はあります

産業医は労働者に対して健康診断・ストレスチェックといったケアをしてくれるので、今後も産業医の活躍が広がっていくことが予想されます。つまり、どなたにでも産業医にご相談される可能性があるということです。「産業医なんて、必要ないわ!」そう考える方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、仕事をしている以上、いつ、何がキッカケでストレスを抱えてしまうか分からないので、油断は禁物というのが正直なところです。
基本的にストレスは企業に対して起きるものですから、労働者は「いつ自分も企業と争うことになるのだろう・・・」と常に不安を抱えることもあります。そうなると、ストレスも知らず知らずのうちに溜まることは容易に想像できてしまうでしょう。
ストレスは最悪うつ病へと発展することも多いので、大きな事態が起きる前に、早めに産業医による手助けを受ける必要があります。労働者がストレスチェックを受けるかは自由ですが、ご自愛のためにストレスチェックは積極的に受けるのが良いでしょう。今は通常の医師より少ない産業医ですが、今後もっと産業医の数が増えていくことを願いたいですね。