お知らせ

最新情報・レポート

注目を浴びる産業医

ブラック企業に過労死と、現代の日本は働く環境が問題にされています。しかし、労働者たちがその問題を改善することは難しいですし、事業主自信も仕方なく過酷な労働環境を強いているケースもあります。もはや、当事者ですら解決が困難なことは珍しくないのです。そこで頼りになるのが、産業医という存在です。産業医の医師としての目線から、労働環境の改善を実現してくれるかも知れません。
その働き方が問題視される現代において、同時に産業医も注目を集めるようになりました。日本医師会の調査によりますと、2014年度における産業医の人数は88,201人という調査結果が出ました。これは、全ての医師の28.3パーセントを占める人数です。現在の法律では、産業医の選任やストレスチェックの実施などが定められています。産業医は企業だけでなく、医師にとっても国にとってもその活躍が期待されているのです。
しかし、産業医の資格を取ることができたとしても、必ずしも産業医としての仕事が舞い込んでくるとは限りません。逆に、企業の側も理想の産業医が見つけられないといったことがあります。当サイトは、そんな産業医と企業との橋渡しとなるサイトとなっています。産業医をお探しでしたら、ぜひ一度ご相談ください。