お知らせ

最新情報・レポート

産業医と主治医の違い

一定以上の規模を持つ事業場には必ず産業医の選任が義務付けられていますが、産業医と主治医(普通の医師)とは、なにが違うのか知っていますか?ここでは「産業医」「主治医」それぞれの特徴について紹介したいと思います。

・主治医
まず、主治医ですが、こちらは普通の医師になりますので、活動場所は病院やクリニックです。基本的に患者個人との治療契約になるので、対象者は当然、病気の人や病院やクリニックに受信した人本人になります。主な業務内容は検査や診断、そして治療です。患者本人の立場に立って希望をかなえ、基本的に患者に不利益になることは行いません。例えば休職が最善であっても患者本人が「働きたい」と頑として譲らず、休職診断書を受領しない場合は、発行できません。特別な場合を除いて、患者の同意なく主治医が勝手に企業に診断書を提出することはできません。

・産業医
一方、産業医とは契約先の企業内での活動となり、対象者も「企業内で働く健康な人から心身の状態がすぐれない人」と個人ではなく会社全体となります。普通の医師とは違い診断や治療は行わず、労働環境や健康に対する指導、就労制限、休職・復職判定など基本的には面談を通してその社員が病気である可能性や病気であることを産業医の「意見」として企業に示し、面接指導を行うことが主な業務です。中立的な立場であるため休職の必要がある場合本人に告知と説明をして企業に「産業医意見書」を発行し意見を伝えることができます。
このように立ち位置や業務内容も異なるため、病気は改善しても、勤務するレベルまで回復していないといったケースで、意見が分かれるということもあるのです。