お知らせ

最新情報・レポート

ストレスチェックは会社と労働者のためのものです

50人以上の従業員が働く事業所ではストレスチェックが義務化された事はもう多くの方々がご存知だと思いますが、実際にこのストレスチェックというのは何を目的としているのか、わからない方もいるかもしれません。経営者側からすると、これにより何らかの罰則が下るのではないかと思う方もいるかもしれませんが、実際には、ストレスチェックは会社と労働者、双方を守るためのものであると言えます。
まず、ストレスチェックを行なうことにより、仕事に対しての不満、もしくは苦痛を感じている労働者に、産業医による面談を受けてもらうことが出来ます。
労働者は、辛いと思っていても中々口に出さず、会社には相談しづらいものです。
でも、産業医相手であれば、あくまで会社には内容を後悔しないということも出来るので、上司との面談では分からないことも話題に昇るかもしれません。
会社としては、そうした労働者がメンタルヘルス疾患により退職するというリスクを未然に防ぐことが出来ます。
いずれにしても、せっかく行なうストレスチェックですから、これを導入してしっかりとした管理体制に置くことが必要です。
また、現在産業医がいない50人以上勤務の事業所の経営者の方は、お早めに産業医を見つけなければいけません。ぜひ、当サイトをご利用下さい。