お知らせ

最新情報・レポート

復職者支援と産業医

社内のメンタルヘルスケアはどんどん重要になってきていますが、すでにうつ病を患い休職している社員さんを抱えている方もいるでしょう。
そんな時に問題になるのが、うつ病復帰の支援体制です。休職している方から復帰したいと連絡があったときに、復帰可能か判断するのは難しい場合があります。
もし判断を間違えれば、うつ病が再発してしまう可能性もありますので、慎重に行わなければなりません。

本人は復職を希望しているけど、本当に大丈夫なのかわからない時の助けになるのが産業医です。
休職者が復職可能な状態なのか判断するための面談や情報収集をを産業医に依頼することで、人事責任者が許可を出すための基準を得ることができます。
産業医は、立場上どちらの味方とも言えない立場にありますので、客観的に復職可能な状況なのか判断してくれるでしょう。

社内で復職者支援に課題を感じている方は、産業医の雇用を検討されてはいかがでしょうか?メンタルヘルスケアの充実にもなりますし、明確な判断基準を設けることで会社側と復職者のもめ事が起きるリスクも緩和できるかもしれません。