お知らせ

最新情報・レポート

治療は行いません

産業医という名前から、その会社にいるお医者さんのようなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?実は、産業医は普通のお医者さんとはお仕事の内容も違うのです。

お医者さんといえば、患者の健康状態を確認し、適切な治療を行います。それと比べて、産業医は、選任先の労働者に対しての教育や指導、復職者の支援や労働の制限などを行っているのです。
そのため、身体的・精神的に異常があると判断された場合は、病院やクリニックへの受診を勧めることはあっても、産業医自身が治療を行うことはありません。

今では、労働者が50人以上の職場では産業医の選任が義務となっていますので、今後産業医を選任する状況になる企業もたくさんあることでしょう。その時に、産業医についての知識がない状態では、会社に合った産業医を見つけることは難しくなるでしょう。
産業医の選任が近づいていると感じている方は、産業医について情報収集をしておいて損はしないでしょう。また、産業医の選任方法もいろいろな方法がありますので、それについても調べておきましょう。