お知らせ

最新情報・レポート

治療を続けながら働いてもらうために

治療技術の向上により、かつて「不治の病」とされたガンなどの疾病の多くは、「一生をかけて長く関わる病気」へと付き合い方が変わったとされます。つまり「仕事を辞めて治療に専念する」というスタイルではなく、「仕事をしながら治療をする」という形態へ変わっていったことが言えるのではないでしょうか。もちろん、産業医自身が労働者の治療を行うわけではありません。病気自体の治療は労働者がかかるクリニックや総合病院に所属する主治医の役割です。しかし病気の治療を行っている主治医と連携して労働者の就業条件について意見することで、労働者に仕事を続けてもらう手助けになると考えることができます。
例えば、病気休職制度を利用した労働者のうち、38%が仕事に復帰せず辞めていったというデータがあります。確かに病気を持った労働者の継続雇用は会社にとって負担が大きくなる部分はあるでしょう。しかし、世の中の流れとしては「病気を持っていても働ける環境」を求めている部分があるのは事実です。そのなかで会社側から労働者をサポートする産業医の役割は、重要になってきているといえるのではないでしょうか。
一定数以上の従業員が従事している場合は、産業医を配備することが義務となっています。産業医紹介センターではそれぞれに適した分野の医師を紹介することが可能なため、是非ご利用ください。

0120-949-168 受付時間 平日 9:30~18:00
ご相談・お問い合わせ