お知らせ

最新情報・レポート

ストレスチェック 集団分析 , 仕事のストレス判定図

ストレスチェックの集団分析ってなに?仕事のストレス判定図の見方

 

近代、職場に不満を持っている方が多くみられます。長時間労働や人間関係など抱えているストレスは人それぞれです。ストレスを抱える人が増えつづける中で対策をしようと考案されたのが、「ストレスチェック」です。ストレスチェックをすることで、自分がストレスを抱えているか確認することできます。また、ストレスを感じていなかった人も、ストレスチェックの結果で高ストレス者と発覚することもあるのです。

 

ストレスを軽減させるためにストレスチェックに加えて「集団分析」や、ストレスの重度を図で表記される「仕事のストレス判定図」も行われています。この記事では、集団分析や仕事ストレス判定図について解説していきます。この記事を読むことで、ストレスチェックについての理解も深めて頂けるでしょう。

ストレスチェックの集団分析ってどんなもの?

ストレスチェックとは一般的には個人で行うものですが、「ストレスチェック集団分析」というものがあります。ストレスチェックの集団分析とは、個人の結果に加えて会社全体の集計をデータにする取り組みです。ストレスチェックをより有意義なものにするために行っています。ストレスチェックの集団分析は自分で作業するものではないので、詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

 

下記にてストレスチェックの集団分析をする理由や、行い方をご紹介していきます。

 

集団分析をする理由

個人的な分析だけでなく会社全体の平均を出した方が、ストレスの要因を明らかにできるのではないかと考え、ストレスチェックの集団分析が取り入れられました。結果を集計することで、多くみられるストレス内容を一目で知ることができるのです。集団分析は、職場の環境をよりよいものにするために行っています。

 

集団分析の行い方

集団分析は以下のような流れで行います。

  • ① 個人のストレスチェック
  •  

    まずは、一般的な個人でのストレスチェックを実践します。さまざまな質問が記載されているアンケートに答えます。

  • ② ストレスチェックの結果が返ってくる
  •  

    回答した内容をもとに、ストレスの有無を確認できる結果が返ってきます。

  • ③ 結果の集計を依頼
  •  

    部やグループの集団ごとに必要に応じて、ストレスチェックの集団分析を依頼することができます。

     

    上記のような流れでストレスチェックの集団分析をすることができます。しかし、集団分析の集計は義務ではありません。部やグループによって行うか行わないかは自由です。

     

    仕事のストレス判定図の特徴や見方

    仕事のストレス判定図の特徴や見方

     

    仕事のストレス判定図とは、ストレスチェックの結果を図にしたものです。ストレスの重度を図で見ることができます。色がつけられていて、色が濃いほど危険な状態という結果になっています。仕事のストレス判定図は、集計人数が少ないと個人が特定されてしまいます。そのため、集計人数が10人以下の場合は、原則判定図の依頼をしてはいけないと決められています。

     

    また、全員が自分のストレスチェックの検査結果を提供してもいいと許可をしなければ行ってはいけません。仕事ストレス判定図も集団分析と同様、義務ではないのです。そもそもストレスチェックってなに?上記で集団分析や仕事のストレス判定図について解説しました。文章内で出てきた「ストレスチェック」について詳しく知らない方もいるかもしれません。

     

    集団分析や仕事のストレス判定図を依頼するにあたって、一番大切なものがストレスチェックです。ストレスチェックとは、さまざまな質問が記載されているアンケートのことです。質問項目に回答をして提出すると結果が返ってきます。結果内容で自分がストレスを抱えているかの確認をすることができます。ストレスチェックについてより知識を深めていただけるよう、ストレスチェックを受ける方法や、結果が返ってきた後の対応を解説していきます。

     

    ストレスチェックを受ける方法

    ストレスチェックは、産業医が行うものです。産業医とは職場環境を管理する人で、よりよい環境をつくる役割をしています。ストレスなどの対応だけでなく衛生管理も行ってくれるのです。常に50人以上の従業員が出勤している事業者は産業医を1人選任しなければなりません。所属している人数が50人以上の場合と誤解されやすいですが、1日で出勤している人数が50人以上ということなので注意しましょう。

     

    産業医は定期的に巡回しており、1~2ヶ月に1回くらいの頻度で職場に訪れます。ストレスチェックは産業医が選任されている事業にお勤めの方は、誰でも受けることができます。選任されている産業医が、ストレスチェックとその後の対応をしてくれます。下記にてストレスチェック後の流れや対応方法を解説します。

     

    ストレスチェック結果後の対応

    ストレスチェック結果後の対応

     

    ストレスチェック項目に回答をして提出すると後に結果が返ってきます。結果によっては、高ストレス者とみなされます。高ストレス者とはストレスを抱えていることが発覚し、今後のために産業医との面接をした方がいいと判断された人のことです。ストレス内容は、職場やご家庭内のものなど人によってさまざまです。産業医は仕事のストレスだけでなく、ご家庭でのストレスなどにも対応してくれます。

     

    産業医の面接を受けるかの判断は、本人が決めることができます。強制ではないので必要がないと感じている人は、面接を拒否することができるのです。産業医の面接を受けるうえで、相談内容が上司にバレてしまわないか…と心配している人が多くみられます。産業医はあくまでも、職場の環境をよくするために選任されている人です。

     

    誰にでも平等に対応してくれますし、情報を漏らすようなことはしないでしょう。しかし、状況によっては、上司に伝えたほうがいいと判断することもあります。その際は、伝えていいかの確認をしてくるのでしょう。絶対に相談内容が漏れたくないという方は、産業医に漏らさないでほしいと伝えておくと安心です。産業医の面接を受けた結果、産業医が今後の対応をしてくれます。

     

    重度な高ストレス者と判断された場合は、休職をすすめられるでしょう。休職期間は人によってさまざまですが、産業医が状況に合わせて判断してくれます。産業医は平等に対応してくれます。普段誰にも打ち明けることのできない悩みを抱えている方は、産業医に相談してみてはいかがでしょうか。

     

    まとめ

    ストレスを抱える人を減らすために、ストレスチェックなどの取り組みがされています。また、ストレスチェックをよりよいものにするために、集団分析や仕事のストレス判定図を行っているのです。集団分析や仕事のストレス判定図は義務ではないので、依頼するかしないかは自分で判断できます。

     

    ストレスチェックによって高ストレス者とみなされた人は、面接の案内をされます。面接も義務ではありません。面接を行ってくれる産業医は、職場のストレスだけでなくさまざまな相談にのってくれます。身の回りの人には話せない悩みがある方は、産業医に相談することで楽になるかもしれません。ストレスを抱えてしまうのは、体にもよくないので軽減できるよう対策しましょう。