お知らせ

最新情報・レポート

専属と嘱託の違い

多くの人々が働く企業にとっては、いかに労働者の健康を維持するのかは重要な職務の一つです。きちんと労働者の心身を労わることができれば、一人一人の労働力はさらに上昇するでしょう。逆にそれを怠れば、最悪の場合労働者が体調を崩したり、場合によっては命を落とすことにもなりかねません。そうなれば、民法上・刑事上の責任に問われることにもなります。そうならないように、「産業医」という存在があるのです。簡単に言えば、産業医とは企業において労働者の健康管理や職場の環境改善に携わる医師のことをいいます。労働者の働き方が取りざたされる昨今において、産業医が果たす役割は今後もさらに大きくなっていくことでしょう。
そんな産業医には、「専属産業医」と「嘱託産業医」があります。資格などで分けられているのではなく、その働き方によってこの二つに分けられているのです。専属産業医とは、文字通りその企業に専属して働く産業医です。通常の労働者と同じように勤務時間が決められており、その時間内で健康管理や健康相談などに対応します。その企業に属することから、その企業の性質を良く把握し、他の産業医よりも適切な業務を行うことができます。一方の嘱託産業医は、依頼を受けてその企業に赴く産業医です。業務内容そのものは大きく変わりませんが、第三者の目線で職場環境を見ることができます。
産業医は、まだ注目されるようになって間もない職業です。そのため産業医を探す側も、産業医を志す方も、まだまだ門戸は狭い状況にあります。当サイトは、そのような方々の橋渡しとして皆様をお手伝いいたします。