お知らせ

最新情報・レポート

労働衛生コンサルタントとは

産業医と似たような存在として、労働衛生コンサルタントがあります。労働衛生コンサルタントとは、その事業所の衛生環境の指導や教育を仕事とします。一見すると産業医に似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、その職業に就くための方法が異なります。産業医の場合、産業医科大学に通ったり、産業医師研修会を修了することで産業医の資格を得ることができます。しかし労働衛生コンサルタントは、受験で合格しなければいけません。ただし既に産業医の資格を得ている場合には、殆どの科目を免除してもらう事ができます。逆に労働衛生コンサルタントの資格を持っている医師は、産業医の資格も得る事ができます。
また、仕事内容も少々異なります。労働衛生コンサルタントは、産業医とは違って医療行為を行う事はできません。そのため、あくまでも教育や指導にとどまります。また、産業医は事業所の規模によって選任の義務が発生しますが、労働衛生コンサルタントの選任については定められておらず、自由です。
基本的には、労働衛生コンサルタントにできることは、産業医も行う事ができます。そのため産業医を選任すればそれで事足りるのですが、都合によっては産業医の選任ができない場合もあります。そのような場合、一時的に労働衛生コンサルタントを雇うというケースもあるようです。当サイトも産業医の選任でお困りの方の力になれると思いますので、ぜひご利用ください。