産業医の探し方

「産業医選びで失敗にしないためには、どんな所に気をつければいいのか?」
それは、これから産業医を探すという方にとっては、共通のお悩みとなるでしょう。そんなお悩みを解決するために、産業医を選定する時のポイントについてご紹介していきます。
未経験で探し方がわからないという方や、産業医が見つからないといった方は、一度下記のポイントをおさえて、採用選考の基準にしてみてください。

良い産業医と出会う為のポイント

ポイント
信頼度の高い産業医を探す為には、視野を広く持つ事が大切です。まずは、選任した産業医と企業の間で考え違いが起こらないよう、企業の視点から産業医の選任について考えてみましょう。

産業医を探す目的を明確にする

選定の基準を明確にして、基盤を固めてから条件、要望などを検討してみてください。そうすれば、理想的な産業医の具体例も候補がいくつか挙がるかと思います。
地域性や業種別によっても細かい違いは出てきますが、基本的には下記のような理由で産業医を探すことが多いのではないでしょうか?

・行政制度により、産業医の選任が必要だから
・企業活動の一環として、過重労働対策を行うため
・社員の体調を管理し、ベストコンディションで働いてほしい
・現在抱えているリスクなど、問題点を解決したい
・現在雇っている産業医に、不満があるから
・労務衛生の選任コンサルタントを探したい

このように、産業医を探す目的を明確にしましょう。そうすることによって、企業のニーズの確認や産業医の評価もしやすくなるかと思います。特に新規契約をする際には、選び方や手続きなど、気を付けなければいけない事が多く、大変です。焦って失敗することがないよう、「理想の産業医の在り方」や「決めて」について、社内でよく相談しながらすすめましょう。

優秀な産業医について知る

優秀な産業医を見つけたい時には、どのような所に注目すべきなのでしょうか?
良識や経歴・経験なども大切ですが、他にも注目ポイントはあります。

▼人柄が良く、誰に対しても心を開けること

産業医は労働者の悩みを聞き、それを解決に導くことが職務となります。そのため、コミュニケーション能力は産業医にとって大きな強みとなります。また、性格や考え方などには違いがありますので、その人にあった対応で、信用が得られるような産業医を見つける必要があるのです。人脈が広い方は信頼関係を築く術を持っている可能性が高いため、顔合わせの時などに確認してみましょう。

▼フットワークが軽く、行動力が優秀であること

フットワークの軽い産業医であれば、現場での対応回数も増えてきます。頻度が高ければ高い程、従業員としても頼りやすい存在となるでしょう。また、共通認識として把握できる問題点も多くなるため、職場環境整備のための協力関係が築きやすい産業医と言えます。そのため、対応力や活動内容の範囲が広い産業医に常勤して頂ければ、多くのメリットを得られるようになります。
しかしながら、当然これらの産業医はどこの企業でも欲しがる人材と言えますので、倍率が高いということに注意しておかなければなりません。

よくある失敗

社員
失敗したくないと思いつつも、何もしないでいたら、良い結果を得ることはできません。そのため、ここからは気を付けるべき状況や、理由などを見ていきましょう。

失敗する原因

▼知り合いの意見を信用しすぎる
顔なじみなど、知り合いの意見を鵜呑みにしてしまうと、失敗する可能性があります。例え付き合いの長い方の助言であっても、第三者の意見として参考にする程度におさえておくのがよいでしょう。

▼選任する前に面談をしていない
産業医には、フリーの方から個人病院を開業している方まで、色んな方がいます。そのため、それぞれ重要視している方針にも違いがあります。面談を行わずに契約をしてしまうと、後からルールに関する内容で都合が悪くなる状況も考えられます。本業に合わせた業務体型で契約をしたいという方もいらっしゃるので、必ず面談を行ってから選任するようにしましょう。

▼費用面だけで決めてしまう
費用面だけを見て、嘱託社員として迎えてしまうのは、失敗しやすい傾向があります。特に最も避けたいのは、名義だけ貸し、会社に出勤しない条件で契約を結ぶ方法です。専属の産業医がいるフリだけをするのは、全くもって意味がありません。世の中ではこのような雇用形態を行っている状況も少なからず伺えますが、法律によって罰せられる問題へと発展する可能性がありますので、企業にとってのメリットもほとんど得られなくなるでしょう。

産業医の探し方

産業医
産業医の探し方には、どんな方法があるのでしょうか。
紹介機関ごとにそれぞれ特徴がありますので、業者選定の際にはどうしたら良いか迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。
まず、産業医を探すためには、基本的に紹介会社を活用して探すのが一般的な方法となります。
そのため、ここからは紹介会社にはどのような人材の産業医が在籍しており、企業向けサービスを行っているのかを見ていこうと思います。

▼圧倒的な登録数で全国展開▼
紹介会社は広域エリアのネットワークを構築して、各企業のニーズに合わせた産業医をマッチングさせています。全国規模で数多くの勤務先へ産業医を紹介しているからこそ、提供できるサービスというのがあります。そのため、全国に支社・地域会社を持つような大企業や、隣県に支店を持っている企業などでも、難なく産業医を探すことができます。

▼地元の地方都市にも対応可能▼
活動場所の拠点が地方都市の企業でも、立地地域ごとに最寄りの産業医を紹介して頂けます。居住地や勤務地が近隣であれば、相談やアドバイスもしやすくなるかと思いますので、勤続の不安も解消してくれます。

▼ハイクラスの産業医が多数在籍▼
ランクの高い、ハイクラスな産業医の方に選任して頂きたい場合は、ホームページなどを利用して、求人掲載を行う申込方法もあるかと思います。しかし、それではいつになったら見つかるかわかりません。その点、紹介会社では最初から優秀な産業医が多数在籍しております。「いつになっても理想の産業医が見つからない」という事態を避けたい方にはお勧めです。

様々なポイントについてご紹介させて頂きましたが、望む必要条件の全てに当てはまる産業医を探すことは容易ではありません。
そのため、各ポイントの中でも優先度の高い条件から内容を絞って探していくことが、産業医の見つけ方の基本となるでしょう。

契約方式や選任料などと併せて、「理想の産業医」について、今一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。